すみろぐ

美少女ゲーム、BLゲーム、コンカフェの感想と備忘録

喫茶ステラと死神の蝶 墨染希√感想

積んでいましたが急にやりたい欲が出てきたので√制覇しました。

正直共通√では一番好きではなかった希ちゃん。

希ちゃんの声がすごく耳に残ることがあってちょっと苦手だったんですよね…。正直、個別が終わってもそこは変わらないが

 

※ネタバレ注意

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む

でんぱ組.incとわたしの思い出

でんぱ組.incというアイドルを推していました。

2015年から、2017年辺りまでの2年間。思い出してみるとクソ短い期間だったわ。もっと長いかと思ってた。

 

2015年の河口湖ステラホールシアターでのライブをニコ生で見て、すごく衝撃を受けたのを覚えています。

わたしにとってのアイドルって、みんなで同じ動きをして、おたくから声援を受けているだけだと思ってたの。

半分合っていて半分違っていた。

画面の中のでんぱ組.incは6人全員違う動きで、汗だくになりながらステージで全力でパフォーマンスしていた。

感銘を受けた。

 

その中でも特に刺さった曲がW.W.Dという曲。

https://youtu.be/QddDPHoJOyA

この曲で古川未鈴ちゃんという赤色の女の子が歌っていた歌詞

いじめられ 部屋に引きこもっていた

ゲーセンだけが私の居場所だった

この歌詞がまんま高校時代のわたしと一緒で、すごくすごく刺さった。わたしも高校時代はゲーセンに通っていたから。

でんぱ組.incを知ったのは高校を卒業してからなんだけれども、ずっとコンプレックスを感じていたから(正直今でも感じているが)。

わたしという人間は存在しててもいいんだって思えたし(当時は本気で思ってました)、過去があってもなおステージに立って見返してやる!って言ってる未鈴ちゃんは、でんぱ組.incは、かっこよかった。最高だった。

 

ファンクラブに入って未鈴ちゃんの生誕祭にも行ったし、チェキ会で未鈴ちゃんと初めて会ったときは泣いた。この世に本当に存在してたんだって思った。ガチ恋口上も泣きながら打ってたし推しジャンも欠かさなかった(オタク特有の早口)(厄介)(コーナーで差をつけろ)

当時は秋田に住んでいたから、東京まで通った。夜行バスめっちゃ乗ったわ。

 

2017年に2回目の武道館公演で実質の活動休止宣言があった。

でんぱ組.incライブアイドルだと思う。ライブアイドルなのに活動休止は致命的だと思いつつ、全然待てるし未鈴ちゃんへの想いを馳せておこうと思っていた。(クソキモい)

 

活動休止中にみなさんご存知最上もがちゃんが脱退する発表が入った。

は?いや無理だわ

さんざん6人ででんぱ組.inc!って言ってたくせに解散せずにやるんかーーーい

そこでその年の年末での新メンバー2人発表

は?いやいやいや無理だわ

5人でやるんじゃないんかーーーい

別に新メンバーに対する文句ではないのよ??

ぺろりんはベボガの現場行っててどんなアイドルなのかは知ってるし

いや、それでも無理だわ…

他界します😇

※他界はアイドルオタクをやめるという意味

 

わたしのアイドルオタク時代の話でした。

メンバーを入れ替えることは否定しないしむしろメンバーを入れ替えないアイドルのほうが珍しいけど なにを目標にしているのかが見えないと応援する気はなくすよねって話。

もがちゃん6人時代のでんぱはすごく6人を強調してたから特に。

 

ねむきゅんの卒業公演は落ちて行けなかった😇

あと、未鈴ちゃんが結婚したのは他界してても病みました。

でも、推してた女の子がツイッターのトレンドに入って嬉しかったな。

 

 

 

【ネタバレ】喫茶ステラと死神の蝶 明月栞那√感想

【喫茶ステラと死神の蝶ネタバレ注意】

明月栞那√ 全CG回収+アフターコンプリート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まさに栞那!!!!!

誰をプレイしてもよかったのですがなんとなく栞那√から。

喫茶ステラの体験版をプレイして一番ピンとこなかったヒロインが栞那でして…。

 

シナリオは安定のゆずソフト。若干ご都合主義感が出てるかな?

とはいえゆずはシナリオゲーではなキャラゲーなのでね。とても導入が上手くて、他ブランドとは一線を越えている部分だと思います。

 

個別√に入ってからスマホを買いに行く栞那と主人公くん。

スマホを買いに行ってカフェのメンバーで焼肉を食べたり、主人公くんと関わっていくうちにフラグが立ちます。(クソ解説)

 

主人公くんは栞那と遊園地に行き、そこで栞那への想いを告白することに。

栞那に想いを伝えようとする主人公くんへ、栞那は死神の存在について聞いてほしいと言います。

もともと死神とは、蝶の集まりだということ、死神の仕事を通して人生を見て生きる希望を見出すこと、そして生きる希望が生まれたら新しい存在へと生まれ変わること。

死神とは一時的な存在で、さまざまな人の人生に触れることで生まれ変わる準備をしているわけなんですね~~。

 

そこで主人公くんは振られてしまったのですが、再度告白をしに行きます。

「一緒にいられない人じゃないとダメ」と言う栞那に対して好きだと言い続ける主人公くん。

f:id:s08m:20191226192135j:plain

栞那は主人公くんのそばにいられる時間があとわずかだということを告げたうえで、もし生まれ変わっても笑顔でい続けられることを条件に、主人公くんと付き合うことを決めたのでした。

f:id:s08m:20191226192218j:plain

このCG結構好き◎

主人公くんが栞那からプレゼントされた手袋をしているのが萌えポイント。

 

最後のデートに栞那は主人公くんと前に行った遊園地を指定し、死神の正体を告げた場所である観覧車に一緒に乗ります。

皮肉にも主人公くんと付き合うことで生きる希望、人生への執着が生まれてしまったために死神の役割を終え、生まれ変わる栞那。

f:id:s08m:20191226192200j:plain

この言葉を残して消えていく栞那。

ちょっとサノバウイッチの寧々√に似ている気がします

 

栞那が消えて生まれ変わってからも懸命に生きようとする主人公くん。

そんな中で主人公くんは夢を見ます。

虐待され、育児放棄をされ、子どもの夢。

子どもが亡くなってから魂の案内をする栞那。子どもの魂が転生し何度案内をしてもまた虐待や育児放棄をされてしまい、自責の念に駆られる栞那。

実はこの子どもの魂は主人公くんの前世の魂であり、栞那は主人公くんの前世から見守っていたことを夢の中で主人公くんは知ります。

前世で生きたいという気持ちが過剰に強くなってしまった魂のため、共通√で主人公くんはもう一度人生をやり直すという"奇跡"が起こってしまいます。

「転生の機会はもう失われた」と言うミカドに対して、魂の一部を私が補うと言う栞那。

f:id:s08m:20191226192209j:plain

主人公くんの魂の一部を補う代わりに、死神として存在できる時間も短くなっていたんですね~~。

 

夢を見た主人公くんのまえに栞那の蝶が現れます。

栞那の蝶を目の前にして栞那と会いたいという強い気持ちを持つ主人公くん。

ミカドの言葉を裏切り、世界を上書きするのではなく、"過去軸にいる自分の意識を乗っ取る"という形で過去に戻ります。

過去軸で栞那と再会する主人公くん。

ですが永遠に会えるわけではなく、再度「笑顔でいてほしい」という言葉を残し、本当の意味で消えていく栞那。

 

そして現世に戻ってきたミカドと主人公くん。

ですが二人の前に、いないはずの栞那が現れます。

栞那と主人公くんが接触(意味深)をもったことにより主人公くんの魂と栞那の蝶が触れ合い、蝶が力を取り戻し、明月栞那という"人間"に生まれ変わらせたのだとミカドは推測します。

こうして栞那は現世も死神ではなく、人間として存在し続けることができたのでした。

 

それからは色々なことがあり、主人公くんと主人公くんの父親の確執もなくなり(クソ解説)、主人公くんはステラで働き続けるのではなく就職をします。

そして初任給で指輪を買い、栞那にプロポーズをします。イケメンか?

子どもも産まれ、しあわせに暮らしたのでした。おわり!!!!!!!!!!!!!!!!

f:id:s08m:20191226192228j:plain

子ども可愛すぎか?

 

【まとめ】

クリスマスイブの日に攻略をしていました。

f:id:s08m:20191226192148j:plain

栞那は体験版の中であまり…というヒロインでしたが個別√では可愛く、描写も丁寧にされていて◎

上記の通り若干ご都合主義かな?とも思いましたがゆずなので大目に。そこに疑問があるならシナリオゲーやれって話だしね…。

死神要素はあってもなくてもよかったのでは感はある。人間になってからでも死神の仕事やってるもんね…w

 

とはいえ今作は前作よりも描写が丁寧で、違和感を感じることは少なかったです。どうしてもエロゲは主人公くんのどこに魅力があるんや?って思うことが多いので…。

主人公くんも有能で男性らしくてイケメン///って思うこともたくさんありました!まだ他√やってないのでなんとも言えませんが個人的にはとても満足。

 

やっぱりゆずソフトはキャラの可愛さを引き出すのが上手くて、死にキャラがあまりいないところが良いですね。(死神だけに)

この調子で他√もやっていきま~~す!

池袋男子BL学園に潜入してきた

わたしはコンカフェ通いが趣味です。

普段は秋葉原を中心にメイドカフェや女の子主体のコンカフェにたまに行っております。

その中でも池袋にあるBLコンカフェがひじょ~~~~~~~~~~~~に前から気になっていたので 行ってみました!!!!!!!!!!

ずっと行きたかったけどようやく行けた。初見未予習で同行してくれた友人には感謝。

 

場所は池袋の乙女ロード付近

f:id:s08m:20191204004122j:plain

この看板があるビルの二階。

 

続きを読む